海外生活 Tip

日本人だからこそ、海外生活に欠かせない食品やアイテムってありますよね?みんなの"あったらいいな"、”知らなかった!"食べたい” 情報をご紹介。またニュージーランドでの気候や常識、生活習慣を踏まえた上で便利に上手に楽しく、海外生活を送りましょ。

防寒グッズ

シープスキンブーツ

冬は家の中にいても特に足元が冷えますよね。昔から「頭寒足熱」と言って、健康のためには足を冷やしてはいけないと言われています。そんな時におススメなのが、シープスキンブーツです。最近ではUGGのブーツで人気ですが、廉価版のルームシューズがWarehouseやFarmers などで気軽に購入できます。値段の安いフェイクスウェード&フェイクボアのブーツもありますが、ちょっと値が張ってもやはり本物の革で作られたシープスキンブーツがおススメです。天然の羊毛の効果は素晴らしく、あなたの足を冷えから守ってくれます。

サーマル

寒い日にはセーターの下に防寒用のインナーを1枚プラスすれば怖いものなし!特に外出したり旅行に行ったり夜にラグビーの試合を見に行く時は、持っていると非常に便利です。合成繊維のものからメリノウール100%の製品まであり、Warehouse、FarmersやKathmanduなどのアウトドアショップなどで購入できます。着ぶくれせずに寒さから守ってくれるサーマルは、冬には手放せないアイテムです。


帽子とマフラー

寒い冬の外出には帽子とマフラーを忘れずに。ニットの帽子をかぶると以外と暖かいのです。

また、首まわりは身体の中でも一番寒さを感じる場所。マフラーやスヌードで首まわりを暖めると、なんと体感温度が4度も違うと言われています。効率よく体を暖めてくれるマフラー。

マフラーを購入する際色で迷ってしまう時は、顔映りの良い暖色系の色を選ぶと良いでしょう。色彩心理学的にも暖色系のマフラーは体感温度を上げると言われています。

ダウンジャケット

冬の防寒着と言えば何といってもダウンジャケット。軽くてとても暖かいですよね。ダウンジャケットは水鳥の羽毛が入ったジャケットです。水鳥には大きく分けてダックダウン(アヒル)とグースダウン(ガチョウ)があり、グースダウンの方が品質が高いと言われます。また羽毛にも2種類あり、ダウンは水鳥の胸毛の事で、フェザーは水鳥の羽根軸を持った羽根の部分です。一般的にダウンの混率が高い程高級と言われます。


ホットウォーターボトル

冬に一押しのおススメ防寒グッズはホットウォーターボトルです。沸かしたお湯をボトルに入れれば約6時間位は暖かいです。いわゆる湯たんぽですね。電気代もかからず、空気も汚さず、エコでそれでいてとても暖かい。Warehouse、Farmers、Briscoes などで購入できます。安いものだと$5位で購入できます。別売りでかわいいデザインのカバーも販売されています。ソファーでくつろいでいる時に膝の上に乗せているだけでポカポカ暖かい。ベッドで寝るときに足元に置いて使うのもおススメです。

体を温める飲み物

体をあたためてくれるおすすめのホットドリンク。①温かい紅茶におろし生姜とハチミツを入れてジンジャー紅茶。ちょっと風邪気味かな?という時におススメです。②赤ワインを電子レンジか鍋で温め、そこにシナモン、クローブ、生姜等のスパイスを加えて、甘みが足りない場合はハチミツを加えてホットワイン。体の芯からポカポカしてきます。③たんぽぽ茶や黒豆茶も体をあたためると言われています。


体を温める・冷やす食べ物

どんな食材が体を温めるのかを考えて献立を立てる時はこのように考えましょう。

寒い地方で取れる野菜や果物は体を温める。暑い地方で取れる野菜や果物は体を冷やす。

体を温める野菜・果物類といえば、冬が旬のもの、根菜類。人参、ねぎ、玉ねぎ、かぼちゃ、れんこん、さつまいも、生姜、にんにく、赤唐辛子、りんご、ぶどう、さくらんぼなどです。逆に体を冷やす野菜・果物類は夏が旬のもの。地上の上にできる野菜、葉物野菜。レタス、きゅうり、トマト、なす、セロリ、バナナ、パイナップル、マンゴー、キウイ、メロン、梨などです。



赤ワイン

Vino Fino

188 Durham Street South, Christchurch Central, Christchurch  

03-365 5134

クライストチャーチ最大のワイン専門店といえばココ、Vino Finoです。ニュージーランドワインを中心にオーストラリアやその他の国のワインを扱っています。こんな料理に合わせたい、自宅にちょっとしたワインセラーを構えてみたいなど、専門知識豊富なスタッフがアドバイスをしてくれます。毎週火曜日にはWeekly Wine Tastings と呼ばれるイベントを行っていたり、月によってはワインメーカーや専門家を招いてのワインテイスティング行っています。こちらのイベントは人気で予約がすぐ埋まってしまうので、ワイン好きの方は要チェック。6本以上購入の方でクライストチャーチ在住の方は送料無料サービス、贈答用には無料ラッピングのサービスなどもあります。ウェブサイト:http://vinofino.co.nz/

 

Liquor King

17 Papanui Rd, Papanui, Christchurch

 03-355 0946

CarltonエリアにあるLiquor Kingという酒屋さんはワイン専門店に負けないくらいワインの種類が豊富です。また知識豊富なスタッフにワインの事について相談することも出来ます。

ウェブサイト:http://www.lk.co.nz/


Decant

61 Mandeville St, Riccarton, Christchurch

03-343 1945

ReccartonにあるDecantは、クライストチャーチの中では特にヨーロッパからのワインは最大の品揃えで、デイリーワインから高価なワインまで様々なワインが購入する事ができます。ワインだけでなく、スピリッツやビールも扱っています。また併設されているカフェでは、ワインに合うおつまみと一緒にワインを楽しむことも出来ます。ウェブサイト:http://www.decantwine.co.nz/ 

赤ワイン品種 カベルネ・ソーヴィニヨン

大別では重口。世界で最も栽培されている黒ブドウの王道的な品種のひとつです。

果皮が厚く粒が小さいことから適度な渋さと凝縮した果実味、芳醇な香りを持った赤ワインになることが特徴です。カシスやブラックベリーなどの黒い果皮の小さな果実の香り、それにスパイシーさが加わることが多く、力強い味わいで、タンニンも豊かなのが特徴です。

牛ステーキ、ローストビーフ、子羊のローストなどの肉料理やうなぎのかば焼きなどと良く合います。


ピノ・ノワール

大別で中重口。単一品種でブレンドされることは少ない品種です。比較的明るい色合いで、ラズベリー、フランボワーズやチェリーなどの酸味を伴う赤い果実、スミレの花などの華やかな香りが魅力的で上品な味わい、タンニンはそれほど多くはなくとても繊細な味わいが特徴です。牛すき焼き、鶏肉や牛肉の赤ワイン煮込み、合鴨のローストなどの料理と相性が良いです。

メルロー

大別では中~重口。色が濃いめで、プラム、ラズベリー、アメリカンチェリーなどの黒い果皮の果実の香りがします。熟成するとトリュフや土、プルーンのような香りが表れます。少しカベルネ・ソーヴィニヨンに似ていますが、よりふっくらとした香りで、酸味や渋味は穏やかで、瑞々しくフルーティーなまろやかさがあります。牛ステーキや青椒肉絲などと良く合います。


シラーズ

大別では中重口。その温暖な気候とこのシラーズが非常にマッチして世界的にオーストラリアのシラーズがとても高い評価を受けています。色が濃く、アメリカンチェリー、プラム、スミレの花、ビターチョコレート、スパイス、胡椒や丁字などの香りが豊かでです。シラーを表現するとき、「野生的」という言葉がよく用いられますが、これは強いタンニンと強烈な肉感あふれる香りのためです。焼肉やBBQ、豚の角煮などの肉料理と高相性。



マーケット活用法

マーケットを活用するメリットといえば、地元で採れたて、新鮮で安全・安心な農産物や加工品が手に入るという事です。自宅での消費用はもちろんの事、近くのスーパーマーケットでは手に入らない、ニュージーランド産のこだわりの製品は、日本に帰国時のお土産などに利用しても喜ばれる事でしょう。

 

マーケットを活用する場合は、商品のバックグラウンド、ジャンルに精通している作り手と直接話が出来て、購入する前に材料の産地や、無農薬等、製造方法などを実際に確認してから購入する事ができます。又、生産者と話をする事により、食材や加工品についての知識を広める事もできるので、おススメです。目から鱗の情報も収集できるかもしれません。

 

マーケットでは、購入する前にサンプル品の試食が出来る事が多いので便利です。味を確認して美味しいと感じたら、家族の分だけでなく、安心してちょっとしたおつかいもの用にも利用できます。スーパーマーケットでのショッピングにはないメリットです。

 

小旅行でサプライヤーを訪れてみましょう!旅行に行く途中にある、または目的地の近くに、興味のあるサプライヤーがある場合は、時間を作って立ち寄ってみましょう。その商品の背景や、商品のコンセプトなどの詳細を深く知る事ができ、新しい発見があるかもしれません。立ち寄る場合は事前に訪問可能か確認しましょう。

 

地方のマーケットを訪れるのも面白いでしょう。

参考リンク:http://www.farmersmarkets.org.nz/ 

                     http://www.eventfinda.co.nz/markets-fairs/events/new-zealand

 

クライストチャーチではお目にかかれない製品や、掘り出し物が見つかるかもしれません。

 

マーケットでアーティストを発掘するのも楽しみのひとつ。マーケットでは食料品だけではなく、アクセサリーやアート、工芸品を販売している事も多いです。世界にたったひとつだけの一点物や、掘り出し物も見つかるかもしれません。

 

マーケットでは、インターネットから得る情報にはない、もっとリアルな体験が出来ます。まずは自分の目で見て、実際で触って、製品についての生産背景も含めて直接作り手に確認ができます。わからない事はその場で質問もできます。インターネットショッピングは確かに忙しい日常において非常に便利なツールですが、マーケットを活用するという事は、インターネットを通して一方的な商品説明を確認して、写真のみを見て購入する事とは大きな違いとメリットがあるのではないでしょうか。


みんな大好き!パールミルクティー in クライストチャーチ

Ancestral

Riccarton Road 03-348-8876

Ancestral $4.80 甘さレベル★★★★☆

その他のドリンクメーニュー★★★★★

パールミルクティーといえばここ!カラメルテイストのパールと甘いミルクティーが最高にマッチ。店内で飲むなら、2倍のサイズのジョッキでも飲めます。他にもたくさんの味が楽しめますよ。

Teasme

South City Mall 555 Colombo Street 03-943-5364

Church Corner Mall Leslie Street 03-982-4211

The Hub Mall Shop30 418 Main South Road 03-344-2137

Teasme $5.90 甘さレベル★★★☆☆ 

その他のドリンクメニュー★★★★★

茶葉専門店だけに紅茶の風味豊かなパールミルクティー。甘さ控えめで甘いものが苦手な人にも最適!他にも多彩なメニューがあります。


Jels

Riccarton Mall Rotherham Street 03-983-4513

Jels S$5.00 L$6.00 甘さレベル★★★☆☆

その他のドリンクメニュー★★★★★

リカトンモールに行ったら是非行って欲しいのがここ。Earl Greyのミルクティーに甘いパールが絶妙。甘さも選べて便利。

Hungry Wok

Riccarton Mall 03-983-4556

Hungry Wok $4.80 甘さレベル★★★★★ 

その他のドリンクメニュー★★☆☆☆

実はリカトンモールのHungry Wokでだけ扱っているパールミルクティー。甘さたっぷりでフードコートで食事する際に飲みたい一杯。


Little Taipei

507 Papanui Road 03-354-1288

Little Taipei $6.20 甘さレベル★★★★☆ 

その他のドリンクメニュー★★★☆☆

本格的パールミルクティーを味わいたいならここ!他の店よりお値段は少し高いけれど、ほどよい甘さにもちもちのパール。お食事もおいしいので、是非立ち寄ってみて。

Wendys

Barrington Mall, Bush Inn Mall, Hornby Mall, Northlands Mall, The Palms, Riccarton Mall, South City Mall

Wendys $4.90 甘さレベル★★★★★ 

その他のドリンクメニュー★★☆☆☆

今年に入りアイスクリーム屋さんで有名なこちらWendysでパールミルクティーの販売を開始!アイス屋さんなだけあって、バニラ風味のパールミルクティー。甘めなのでお子様に最適!CHC内だけでも、7つのモールの中にあるので買い物のときとかちょっとしたお出かけのついでに気軽に来店できるのも魅力の一つですね。


Dream Garden

62 Kendal Avenue 03-358-8485

Dream Garden $5.50 甘さレベル★★★★☆ 

その他のドリンクメニュー★★★★☆

ベジタリアンレストランで有名なこのお店でもパールミルクティーが飲めます。パールもミルクティーも丁度良い甘さ。たまたま作るのに時間がかかったため、待っている間に小さなグラスのパールミルクティーをサービスしてくれました。

パールミルクティ作りにチャレンジ

いっそ自分で作ってみよう!黒タピオカは三商で売られているこちらを使用。

タピオカの作り方は

①10カップの沸騰したお湯にタピオカを投入し30分茹でる。

②その後、火を止めそのまま30分放置。

③水を替えて6カップのお湯で20分茹でる。

④水を切って、シロップや黒蜜に浸して、できあがり!

 

*ポイント:必ずお湯を沸騰させてからタピオカを投入してください。

 

みなさんも作ってみては??